サイトについての説明

このサイトでは馬券と競馬予想の基本的な事について解説していきます。
あくまで基本的な事なので、「これさえ知れば馬券が当たる!?」といった必勝法の類ではありません。
また、競馬初心者向けの内容なので、競馬をする人にとっては、「そんなの知っとるわ!」的な内容になります。
あと、競馬予想について多少独断と偏見が紛れていることについては、笑って許してください。本当に競馬を始めたばかりで右も左もわからない。馬券の買い方もわからない。そんな人には競馬予想会社口コミとネットで検索をしてもらえれば、良心的な競馬予想会社がいくつか発見できると思います。

得意な距離を見つける

陸上競技のアスリートに得意な種目があるように馬にも得意な距離というものがある。
1200mから1600mで活躍する馬もいれば2000mを超えた距離で本領発揮する馬もいる。
馬によって異なる適距離を見つけ出そう。

距離によってタイプが分けられる

適距離は馬ごとに異なる

競走馬にはそれぞれ最も能力を出せる距離、いわゆる適距離が存在する。
それは調教の動きや血統などからデビューする前に調教師によってある程度判断されており、デビュー後はそれに基づいた出走計画で競走馬として過ごすことになる。
ただ、予想されたものと実際の適距離が違うというケースもよくあり、キャリアを重ねていくうちに適距離が分かってくることもある。

スプリンターとマイラー

1000mから1400mの距離を得意とする馬をスプリンターと呼ぶ。
スプリンターは専門性が強く、他の距離のレースにはほとんど出走しないことが多い。

それより少し長い1600m前後の距離を得意とする馬はマイラーと呼ばれる。
スプリンターに比べて距離面での融通が効き、短距離だけでなく1800m~2000mあたりのレースに出走することも多い。

中距離馬とステイヤー

1800mから2000mを得意とする馬が中距離馬。
マイラーと同様、距離に対する幅が広く、マイル戦を勝っていることも珍しくない。
マイラーとのはっきりとした線引きが難しいが、2200m以上のレースにも出走していると、中距離馬と見なすのが妥当だ。

そして2200m以上の距離を得意とする馬はステイヤーと呼ばれる。
スピードよりもスタミナに特化したタイプだ。
ただ、長距離戦そのもののレース数が少ないため、中距離のレースにもよく出走する。

距離適性は成績で判断

出馬表の距離別成績欄を見る

出馬表には距離別の成績が載っているので、それを見ればその馬の距離適性は一目でわかる。

距離の区分は以下の通り。

「短」 1000m~1400m
「千六」1500m~1600m
「千八」1700m~1800m
「二千」1900m以上

この区分において、最も連対数の多い距離を適距離と見なしていい。
また、出走数が少ないわりに連対率の高い距離があったら、その距離にも適性があると思ってもいいだろう。

標準的な馬は適距離がはっきりしており、それに合わせたレースに出走する。
短距離戦に出走した次のレースで長距離戦に出走するような例は少なく、あったとしても好走は期待できない。
すべての距離をこなす万能タイプの馬もいるが、例外的な存在だ。

年齢による適性距離の変化はほとんどない

基本的に、適性距離というものは大きく変わることはない。
年齢を経ることで、騎手の指示に対する反応が鈍くなり(ズブくなるとも言う)、短距離の忙しい競馬についていけなくなって、結果的に短距離から中距離へと適性距離が変化することもあるが、能力の減退が原因なので、大きな活躍は期待できない。
ちなみに、長距離向きだった馬が短距離路線に転向して成功する可能性はさらに低い。

得意なコース、コースの違い

中央競馬には10の競馬場があり、それぞれに芝、ダートコースがある。
各コースそれぞれに特徴があるのだが、馬によってコースの得意不得意は存在する。
近走で成績が悪くても、得意なコースで復活するなどという例もある。
コース適性に注目してみよう。

馬にはコースの得意不得意がある

出馬表の成績欄でチェックできる

中央競馬には10の競馬場があり、それぞれに特徴がある。
馬によっては特定のコースでの成績が良かったり、逆に苦手なコースが存在したりする。
それをコース適性というのだが、コース適性は馬によって異なる。
当然、得意なコースでは上位に入線することが多く、苦手なコースでは着外に終わる可能性が多いのだ。

正確にいえば、成績の良いコースが得意なコースであり、成績が不振なコースは苦手なコースとなる。
つまりコース適性は結果から導き出されるわけだ。
たとえば、出馬表のコース成績を見て、5回以上走っているのに3着以内が1度もないようなら、苦手だと判断していい。
逆に4回出走して2勝2着2回なら得意コースの可能性が高い。

未出走のコースを判断するには

キャリアを重ねれば重ねるほどコース実績の判断材料は増えていくが、まだキャリアが浅い段階では、初出走のコースもある。
その場合にいちばん参考にしたいのが、コースを回る向きである。

競馬場には右回りコースと左回りコースがあり、中央競馬においても、10場のうち右回りが7場、左回りが3場となっている。
同じ回りの競馬場がすべて同じというわけではないものの、コーナーリングの点で、回りに得手不得手を持つ馬は必ず存在するので、判断材料になる。
たとえば東京競馬場で成績不振の馬なら、同じ左回りの新潟競馬場も苦手である可能性は高い。
出走表には「左回り」「右回り」それぞれの成績が表記されているので、多いに参考にしてもらいたい。

その他のコース分類

中央、ローカルという分け方

もう一つのコースの大まかな分類に、中央とローカルがある。
中央とは東京・中山・阪神・京都の4つの競馬場のことで、メインの開催が行われることで知られる。
中央4場とも呼ばれる。

そしてローカルとは札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉の6つを指し、春や秋の裏開催、または夏の開催が行われるコースである。

中央のコースが得意な馬

基本的に、中央4場はコースが広く、京都以外は直線に坂があるので、スピードだけでなく底力も必要とされる。
総合的に高い能力が求められるので、中央4場をこなす馬はローカルもこなすのが普通で、中央4場は得意なのにローカルが苦手、というケースは少ない。

ローカルのコースが得意な馬

ローカルは新潟を除き、小回り平坦で直線が短いというコース形態をしており、非力だがスピードがあるタイプが力を発揮しやすい。
中央4場では踏ん張りきれなかった馬が、短い直線のおかげで粘り切ることも珍しくない。
そのため、ローカルは得意だが中央4場は苦手、というタイプの馬は狙い目となる。
中央開催で不振だった馬がローカルに出走してきた場合、ローカルの成績はチェックしておきたい。

ハイペース、スローペース、展開を読む

レースにおいて最も重要なポイントとなるもの、それがレース展開だ。
展開一つで本命馬が苦戦し、穴馬が台頭する。
展開を完璧に読むことができれば、予想は的中に大きく近づく。
レースの鍵を握る展開について、そのメカニズムを知ろう。

レース毎に展開は変化する

同じメンバーでも展開は変わる

よく、「レースは生き物」という言い方をするが、実際に同じコースを同じメンバーで走っても、結果が常に一定になるとは限らない。
それはレース毎に展開が変化するためである。
それほど、展開というものがレースで果たす役割は大きい。
展開を読むことがそのままレースの予想となる、といっても過言ではない。

しかし、機械ではない生身の馬が走っている以上、必ずしも同じ結果になるとは限らず、そこがまた、競馬の奥深いところでもある。

展開はベースで表現される

レース前半の流れが速く後半の方が遅くなることをハイペース(=H)といい、逆に前半が遅く後半が速くなる場合をスローペース(=S)という。
また、前後半の流れにあまり差がない時は平均ペース(=M)と言われる。
一般的に、ハイペースの時は先行勢が前半で脚を使ってしまうので脚を温存していた差し、追込馬が有利で、スローペースでは、逃げ、先行馬にも直線で余力が残っている分、差し、追込が決まりにくいとされている。
平均ペースでは先行馬が有利だ。

縦長の展開と団子状態

逃げ馬がスタートから飛ばしていってハイペースになったとき、少し離れて先行集団、さらに遅れて差し馬という隊列になることがある。
これを縦長の展開ともいい、馬群がばらけるので差し馬には有利とされる。
一方、スローペースで馬群が固まってしまうと、いわゆる「団子状態」となり、後ろからの馬にとっては不利になる。

展開はメンバーで読む

出走馬の脚質から推理する

展開を読む場合、ポイントとなるのは逃げ馬の存在。
逃げ馬の数が多いと先頭争いが激化して、ハイベースになりやすい。
逆に逃げ馬が1頭しかいない場合は、その馬のペースで走れるので有利となる。

マイペースになれば馬は強い

逃げに限らず、馬は自分のペースやリズムで走れた時ほど力をフルに発揮しやすい。
同じラップタイムで走ったとしても、一頭で気分良く走った場合と、ほかの馬と競り合いながら走った場合とでは、後半の走りがまるで違ってくる。
その意味で、逃げ馬が1頭の時は、その馬のペースになりやすいので要チェックだ。

距離によって展開は変わる

短距離はスピード能力の高さが問われるので、基本的にハイペースになることが多い。
ただ、前半のスピードの勢いで先行馬が押し切ったりすることもあるので、一概に差し馬有利というわけではない。

一方、距離が延びるにつれ、最初からスピードを出していると途中でバテてしまうので、積極的に逃げる馬は少なくなっていき、その結果スローペースになりやすい。
特に2200mを超える長距離戦だと、逃げ馬が何頭いようとも、ハイペースにはなりにくい。